Community Features Release

Pandora FMS v6.0 SP3 をリリースしました!

6月 28, 2016

Pandora FMS v6.0 SP3 をリリースしました!

この投稿文は次の言語で読めます: 英語, スペイン語

引き続き Pandora FMS の改善を進め、このたび Pandora FMS 6.0 SP3 をリリースしました。 数ヶ月前に SP2 をリリースしましたが、細かい部分で調整が必要と考えていました。我々は開発の手を止めることなく、この新しいバージョンで改善を行っています。 問題点を修正し、正しく動作するようになったと考えています。新しいサービスパックをインストールしアップデートすることをお勧めします。

改善点と新機能:

* ビジュアルコンソールとダッシュボードのエディタを大幅に改善しました。 また、物理的な比率を変更し、コンソールとダッシュボードの要素を使いやすくしました。 コードを書き直し、全画面モードでビジュアルコンソールとダッシュボードを表示する機能を追加しました。

*Pandora FMS のヘルプデスクツールである Integria IMS との統合を改善しました。チケット作成フローとインベントリ管理を改善しています。w

*リモート管理ソフトである eHorus と統合しました。リアルタイムで、リモートデスクトップおよびコマンドラインを使ったリモート管理ができます。

*CLIおよびAPIに新たな機能を追加しました。CLIおよびAPI共に、新たに <<get_module_id>> コマンドができました。 また、補完機能として、モジュールグループとポリシーの作成もできます。

* 新たにSAML 認証オプションを追加しました。 特に教育機関向けに焦点をあてています。

* アップデートマネージャを改善しました。Pandora FMS が必要な情報や通知を受ける時に、よりカスタマイズできるような、新たな自動検出およびユーザ機能が追加されています。

* L2 ネットワークの自動検出アルゴリズムを改善しました。複雑な環境におけるより正確ネットワークマップの作成が可能です。オープンソース版と Enterprise 版両方のマップに対応しています。

変更点詳細

  • Integria IMS アラートアクションを改善しました。
  • agents_get_modules の実行時間を短縮しました。
  • 公開コンソールのURLの問題を修正しました。
  • CLI の問題を修正しました。
  • いくつかの拡張で脆弱性を修正しました。
  • 巨大なレポートを制限するために、report_limit トークンを追加しました。
  • リソースを消費した時の 500 エラーを修正しました。
  • サービスマップで履歴を隠すためのトグル機能を追加しました。
  • ダッシュボードのデフォルトのセル番号を 9 から 4 へ変更しました。
  • 公開ビジュアルコンソールのグラフをデフォルトで画像にしました。通常のビジュアルコンソールの表示と同じになっています。
  • 静的グラフで無限ループが発生する問題に対応するためにライブラリを修正しました。
  • エラーなく、複数のゲージグラフを表示できるようになりました。
  • アイテム一覧に、カスタムグラフの選択を追加しました。
  • ウィザードを使って作成したビジュアルコンソールの値表示のアイテムに VALUE マクロを追加しました。
  • カスタムタイトルにイベントの情報を使うようになりました。イベントを新たな要素に関連付ける必要はありません。
  • ビジュアルコンソールでグリッドを有効にすると、値を表示する要素が消える問題を修正しました。
  • 新たなログイン手法(saml)を追加しました。
  • メニューと Enterprise ACL の問題を修正しました。
  • アップデートマネージャのプロキシにパスワードを追加しました。
  • メタコンソールに cron 拡張を追加するために機能を修正しました。
  • 新機能の URL の問題を修正しました。
  • イベント一覧で、エージェントごとに機能をグループ化し、メタコンソールに対応しました。
  • イベント一覧に、新たにデータのグループ化を追加しました。
  • マウスを動かすだけで、簡単に制御できる機能を追加しました。
  • 水平棒グラフの表示を修正しました。
  • 拡張オプションで、タグ表ある・なしイベントを修正しました。
  • カスタムグラフの値に影響するエラーを修正しました。
  • プロファイルおよび ACL で制限されたユーザでのエラーを修正しました。
  • 無効化エージェントによる、エージェントの自動補完検索を修正しました。
  • 全画面表示のビジュアルコンソールを大幅に改善しました。
  • render_map 動作に、keep_aspect_ratio パラメータを追加しました。
  • アスペクト比を維持する場合に、ビジュアルマップをリサイズするパラメータを追加しました。
  • Pandora ヘッダーの警告アイコンが、PM 権限を持つ通常ユーザまたは管理者でのみ表示されるようにしました。
  • アップデートマネージャのメッセージにページ分割を追加しました。
  • UM メッセージへのリンクをヘッダーに追加しました。
  • 垂直棒グラフの凡例を改善しました。
  • 垂直棒グラフの閾値を修正しました。
  • 円グラフでの表示の改善ラベルを隠すオプションを追加しました。
  • いくつかのグラフで自動的にマージンを調整しセンタリングするようにしました。
  • CLI に新たな機能を追加しました。
  • 可用性レポートと不明時間の問題を解決しました。
  • グラフがダッシュボードまたはビジュアルマップ内にある場合、塗りつぶし/線グラフの凡例に平均のみを表示するようにしました。
  • 折れ線グラフの線の太さを修正しました。
  • ビジュアルコンソールの全グラフをデフォルトで画像にしました。
  • 円グラフを大きくしました。
  • ダッシュボードとビジュアルコンソールでの塗りつぶしグラフの高さを修正しました。
  • 凡例の高さで塗りつぶしグラフの高さを再計算するようにしました。
  • 全画面表示のビジュアルコンソールのグラフを画像にしました。
  • ダッシュボードまたはビジュアルコンソールへグラフを表示する場合の動作を改善しました。
  • 計画停止におけるモジュールの選択を修正しました。
  • レポートにおける最新の値のチェックボックスを修正しました。
  • リサイズしたマップを表示するときにラベルサイズがおかしくなる問題を改善しました。
  • プラグインのテキストフィールドを拡大しました。
  • モバイルコンソールでのログインを修正しました。
  • 垂直棒グラフの下にスペースを追加しました。
  • ダッシュボードとビジュアルコンソールの塗りつぶしグラフで、凡例に最新の値と平均を表示するようにしました。
  • ダッシュボードにグループのチェックボックスを追加しました。
  • users_can_manage_group_all を修正しました。
  • レポートにおけるいくつかのマイナーな問題を修正しました。
  • 塗りつぶしグラフのメニューパラメータを修正しました。
  • モバイルコンソールのセッションの問題を修正しました。
  • サイドメニューをクリックして表示するようにしました。
  • 透過グラフのテキストの色をグレー系にしました。
  • マイナーな表示の修正をしました。
  • 静的な折れ線グラフの線の太さを調整しました。
  • 特定の文字表示を修正しました。
  • メニューの位置を修正しました。
  • ビジュアルマップ内への線の表示を修正しました。
  • 高さが低い静的グラフの表示を改善しました。
  • メタコンソールのイベントでエージェントの検索を修正しました。
  • エージェントモジュールのグラフで、平均のみをデフォルトにしました。また、マイナーなエラーを修正しました。
  • 塗りつぶしグラフの表示を改善しました。
  • 2つのビジュアルコンソールへリンクするときのアイコンの色を修正しました。
  • モジュールグラフインタフェースにおけるエージェントとモジュール名を修正しました。
  • メタコンソールにおける、OS/モジュールグループのコードを書きなおしました。
  • GIS マップでの問題(削除、編集、作成)を解決しました。
  • カスタムフィールドの最初の処理の URL を修正しました。
  • メニューを自動的に隠す機能を追加しました。
  • 水平方向に画面をはみ出すのを避けるために、グラフの幅を狭くしました。
  • 円グラフと凡例の間の大きなスペースを修正しました。
  • 拡大を削除しました。グラフはページの幅で表示されます。
  • エージェントの説明およびカスタムフィールドから、HTML エディタを削除しました。
  • エージェントの説明から URL の挿入を削除しました。
  • エージェントのカスタムフィールドに URL の挿入機能を追加しました。
  • 垂直棒グラフのカスタムの色を修正しました。
  • アップデートマネージャへの接続追加といくつかのデザインを変更しました。
  • 公開コンソールで、QR コードが表示されない問題を修正しました。
  • ゲージのカスタムグラフを定義した高さで表示するようにしました。 グラフの高さを選択すると、使い方を参照できます。
  • 何もグラフや PDF を選択していない場合の問題を修正しました。
  • 水平および垂直グラフの x および y 軸の凡例の最大を減らしました。
  • サービスのデフォルトの画像が表示されないようにしました。
  • エージェントが存在しない IPAM 自動検出イベントを表示しないようにしました。
  • Goliat の問題(いくつかのチェックが動作しない)を修正しました。
  • エージェントIDが無い場合のメタコンソールでのイベントの複製の問題を修正しました。
  • イベントを複製するときに、サーバ名を pandora_agent.conf から取得するようにしました。
  • pandora_manage.pl で、–create_event が空の group_name, agent_name および module_name オプションを受け入れてしまう問題を修正しました。

    Written by:



    Leave a comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください