カテゴリーなし Features Release

Pandora FMS 6.0 リリース

11月 6, 2015

Pandora FMS 6.0 リリース

この投稿文は次の言語で読めます: 英語, スペイン語

数ヶ月間の開発、テストを経て、Pandora FMS の最新の案定版である 6.0 をリリースしました。完全にリニューアルしたインタフェース、改善、新たな機能と共に、バージョン 6.0 は、システム監視における大きな進歩を実現します。

最新版の主な変更点を以下に示します。ダウンロードは、Pandora FMS ウェブページのダウロードのページから行えます。

メタコンソールの改善
Pandora FMS Enterprise 6.0 のメタコンソールでは、新たなデザインとキャッシュのメカニズムにより、ユーザビリティとパフォーマンスが改善されました。情報の表示と処理が格段に高速化しており、100,000を超える監視対象(エージェント)に対応できます。

captura3

 

新たなメタコンソールAPIとCLI
メタコンソールは、REST APIとコマンドラインインタフェースを備えました。サードパーティのアプリケーションとの統合やカスタム操作を実現できます。

オラクルサポート
Pandora FMS 6.0 では、バックエンドのデータベースとして Oracle を
サポートします。これにより、安定性、拡張性、パフォーマンスを得られます。MySQL では対応しきれない、(何百、何千の)大規模環境の監視を実現できます。

サテライトサーバおよび Pandora サーバのリモート設定
Pandora FMS サーバおよびサテライトサーバの設定ファイルをコンソールから操作できます。加えて、サテライトサーバでは、エージェントの追加・削除のための add_host および ignore_host という 2つのトークンも追加されました。

新たなビジュアルスタイル
使いやすさと見易さを考えて、コンソールとメタコンソールのビジュアル
スタイルを一新しました。バージョン 5.x から大きく変わっています。

captura4

ダッシュボードの拡張
Pandora FMS Enterprise 6.0 では、ダッシュボードをスクラッチから実装しなおしました。これにより、すべての画面に合うように自由にカスタマイズできるウィジェットで情報を表示する完全にカスタマイズ可能なフロントエンドを実現しています。

captura5

Google 2段階認証
Google Auth を利用した 2段階認証を実装しました。Pandora コンソールに対してよりセキュアなアクセスを実現できます。

ビジュアルコンソールの新機能
視覚効果と要素間の関係表示を改善するために、線とボックスをドラッグ&ドロップする機能を追加しました。

captura6

メールアラートの拡張
HTMLテンプレートを使って、メールアラートを送信できるようになりました。メールにグラフを含めることができます。

ログの統合
エージェント表示からログを表示できるようになりました。根本原因分析における有用性と効率を向上させることができます。

captura10

 

データベースの暗号化

データベース暗号化
パスワードがデータベースに暗号化して保存されます。これは、エージェントのサーバプラグイン、ネットワークモジュール、カスタムフィールドにも適用されます。

データモデルの拡張
データの差分を表現する新たなデータタイプを追加しました。
差分を秒単位のレートで表現する既存のタイプ(generic_data_inc)とは異なるものです。

アクティブディレクトリとの統合の改善
ユーザが持つプロファイルやパーミッションと同様に、アクティブディレクトリのグループを Pandora FMS のグループにマップできるようになりました。

メタコンソールでのアップデートマネージャ
メタコンソールをアップデートマネージャから更新できるようになりました。

95パーセントグラフ
Pandora FMS Enterprise 6.0 では、モジュールの 95パーセント表示をする新たな種類のグラフを追加しました。ピークを無視してより現実的な判断ができます。

Pandora FMS バージョン 6.0 の全機能を確認するには、こちらからリリースノートをダウンロードしてください。

ライセンスの変更

バージョン6.0から、新たなライセンスオプションを追加しました。

  • Enterprise: 従来のライセンスで、任意の監視ができます。
  • Licensing by modules: エージェントではなく、モジュール数によるライセンスです。より柔軟にPandoraを利用できます。
  • NMS: リモートおよびネットワーク監視に特化したライセンスです。
  • MSPE: 顧客向けに監視を提供するMSP向けのソリューションです。
  • HPDM (Satellite): 新規のコンポーネントで、複雑な環境の分散監視を行い、一ヶ所で集中管理できる仕組みです。
  • SAP: SAP R3 に特化した監視です。SAP(R)にて認証されています。
  • Community: 基本的なセットおよび、自分自身でスクリプトやプラグインを管理したい方向けのオプションです。1000ページ以上のマニュアルやコミュニティによるサポートがあります。

ライセンスに関する詳細はこちらを参照してください。


    Written by:



    Leave a comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください