Features

外部コマンドを利用したエージェント名の定義

5月 6, 2015

外部コマンドを利用したエージェント名の定義

この投稿文は次の言語で読めます: 英語, スペイン語

Pandora FMS バージョン 5.1 SP2 の新機能を紹介します。外部コマンドを使ってエージェント名を定義することができます。

pandora_agent がデータを送信するとき、エージェント名も送信されます。 エージェントの設定ファイル(pandora_agent.conf)でエージェント名を設定する場合、次のようにします。

agent_name www

この場合、エージェント名は www になります。agent_name を設定していない場合は、OS のホスト名が自動的に利用されます。

オートスケールするシステムにおいては、固定の agent_name には問題があります。 オートスケーリングでは、複数のサーバインスタンスが同じエージェント名で作成されます。この問題を解決するために、pandora_agent におけるエージェント定義機能を改善しました。

pandora_agent バージョン 5.1 SP2 からは、’agent_name_cmd’ というトークンがあります。これにより外部コマンドを使って任意のエージェント名を定義することができます。例えば、次のような情報を含めることができます。

. AWS のインスタンス ID

. サーバの IP アドレス

. サーバに依存した何らかの個別情報

Linux エージェントでエージェント名を “ホスト名_IPアドレス” にしてい場合、次のような設定を行います。

agent_name_cmd  LANG=C; /bin/echo -n `hostname`; /bin/echo -n “_”; /bin/echo `/s

bin/ifconfig eth0 | /bin/grep ‘inet addr’ | /usr/bin/awk ‘{print $2;}’ | /usr/bin/cut -d: -f2`

 

 


    Written by:



    One comment
    1. San

      Shiver me timbers, them's some great inrfnmatioo.

    Leave a comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください